BÀI ĐỌC SỐ 52 – N2

転職を考えることがときどきある。とはいっても、➀それほど本気ではない。ただ、もし別の仕事を選んでいたら、自分はどんな人生だったのかを想像してしまう。想像するだけでもけっこう楽しい。いまの仕事に大きいな不満がないが、そうかといって格別面白いというわけでもない。もしこの仕事をしてみたら、自分はもっと充実するのかも、とついつい考えてしまうのだ。

まあ、隣の芝生はよく見えると言われてしまえばそれまでだが、自分はピッタリの洋服がなかなかないように、(注1)誰しも自分だけの仕事を探しているのだろう。洋服は試着できるが、仕事を関しては、試しにちょっと、というわけにはいかない。もっとも多少働いたとしても、仕事の本質ははからないだろうが。

昔に比べれば、われわれの職業選択の幅ははるかに広がっている。だけど……これが➁自分の仕事だと(注2)胸を張って言える人は意外と少ないのではないだろうか。

才能があれば、と思う人がいるかもしれない。子供の頃に憧れていた野球選手とか、大学時代に憧れた映画監督になっていたら、たしかに楽しいだろう。でも、現在、我が思うのは、そんな憧れの世界ではない。たとえ平凡な才能でも、自分がピッタリの仕事を探せればよいと思っている。誰しも、自分の職業選択における自分だけの(注3)“必然” を求めているのではないだろうか。

 

(注1)誰しも:誰でも

(注2)胸を張って:自信を持って

(注3)必然:そうなって当然のこと

 

7 ➀それほど本気ではない理由として、本文から考えられることはどれか。

1.いまの仕事がいやなわけではないこと

2.いまから転職をするのは難しいこと

3.いまの仕事がとても充実していること

4.いままで別の仕事をしたことがないこと

 

8 ②自分の仕事とはどのような仕事か。

1.特別な才能が必要な仕事

2.他人がうらやましがる仕事

3.自分に最も合っている仕事

4.子供の頃から憧れていた仕事

 

9 この文章で筆者が言いたいことは何か。

1。職業の選択が自由になり、昔よりも自分が合った事後とを探しやすくなって。

2.自由に仕事を選べるので、仕事の本質を理解したいと考える人が増えている。

3.自由に仕事を選べる環境で、だれもが自分に適した仕事をしたいと考えている。

4.職業の選択の幅が広がったため、いまではだれでも自由に転職できるようになった

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Trả lời

Thư điện tử của bạn sẽ không được hiển thị công khai. Các trường bắt buộc được đánh dấu *